日の当たるところ
 
ちょっと暖まっていきませんか。
 



みーちゃん
~説明~
愛猫のこと。

開かない扉

新しい車はもちろん、キーレスエントリー。
ピッと押すだけで解錠できて、とっても便利。
帰ってきて、ボーッとしながら部屋まできたら、玄関の前でも押してたw
それじゃあ、開かねーよww



2007年5月14日(月)23:23 | トラックバック(0) | コメント(0) | みーちゃん | 管理

みーのいない部屋

いずれこういう日がくるだろうってことは、覚悟してたからそんなに辛くないかな。
死に目にあってしまうともっと辛いと思う。
みーがいなくても、前と変わらない一日が過ぎた。
けれど仕事から帰ってくると違ってた。
出迎えてくれるみーの姿がない。それはおおかた、ごはんをねだっているのだけど、それでもうれしかった。
ソファーに座っているとあるはずの、膝の上のみーの重さがない。
おいらが動く度にどこでもついてきた。
風呂に入る時も、振り返ればみーがいた。
爪研ぎの音や、うるさく感じていたトイレの砂を掻く音がなくて寂しさを感じる。
やっぱり帰ってきてほしい。
もっとおいらを困らせてよ。

行くのやめておけばよかった。
山で人が降りて来るのを待っていれば。
何でもっとしっかり抱いていなかったのか。
思い切って斜面を降りていたら。
悔やみ始めたらキリがなかったけど、そんなことは何にもならなかった。



2007年5月7日(月)22:47 | トラックバック(0) | コメント(0) | みーちゃん | 管理

みーの行方

わずかな期待を抱きつつ、再びあの場所へ。
やっぱり、ここへは戻ってこないか……。
昨日、始めて来たところを無我夢中に逃げていったら覚えてないだろう。
いったいどこまで行ってしまったのか。
もしかしたら、ここから近くにある実家へなら帰ってこれるかもしれない。
行ってみたけど帰ってきている様子はない。実家に住んでた頃はどこまで散歩にいっていたんだろう。

チラシを作って周辺の家に配った。
警察に届け出もした。
みーは人に見つからないように動くだろう。誰かが保護してくれることはおろか、見かける可能性も少ないんじゃないだろうか。
ほかに何か方法はないかと考えてみたけれど、何も思いつかなかった。
ただ待つしかない。
別のことで気をまぎらわせることぐらいしかできなかった。



2007年5月6日(日)20:57 | トラックバック(0) | コメント(0) | みーちゃん | 管理

2007年5月5日

猫の額ほどの、というような狭さの駐車場には車が一台しかなかった。
ここなら、みーも落ち着くだろうと思ったけど、相変わらず神経を張っている。
ちょっとした葉擦れの音が聞こえるだけでも反応してしまう。
それでも、危険がないことを察しながら、そろりそろりと歩み始めた。
コンクリートで舗装された道路から砂利へと変わっていく山道を進んで行く。
小鳥のさえずりが木々の合間から響き、川のせせらぎがわずかに聞こえる。その中で、ゆっくりと少しずつ進むみーを硬直させてしまう物音があった。
山道を降りてこようとする人を前に、みーは完全に固まってしまったのでおいらは仕方なく抱き上げた。
みーを抱いたまますれ違おうとした瞬間。
みーは腕の中を飛び出していた。おいらはグッとリードを引っ張ったけどハーネスがはずれてしまって、みーは脱兎の勢いで逃げていってしまった。
追いかけるけれど速すぎて追いつかない。みーは駐車場まで行くと山の斜面の林に入っていってしまった。
後を追いかける。
眼下には来たときの道路が見える。
途中から急になっていてためらってしまった。
しばらくすれば戻ってくるかもしれない……。

下の道路に降りてみたり、思いきって斜面の林を下ってみたりした。
暗くなれば出てこれるかもしれないと思って、暗くなってからしばらく待ってみた。
下っていったから、もう随分遠くまで行ってしまったのかもしれない。



2007年5月5日(土)23:27 | トラックバック(0) | コメント(0) | みーちゃん | 管理

みーちゃんと一緒に

車も新しくなったし、こんだけ晴れてると何だか家でじっとしてられない。
みーにも外の世界をもっと体験させてあげたい。
晴れた日はいつも、窓の前で外を眺めながらうずうずしてる。
窓を開けてあげると、うれしそうにパッと飛び出して行く。
でも、家の周りは田んぼが広がっているばかり。

車に乗せるとにゃ〜にゃ〜やかましい^^;
どこかに連れていかれるのが恐いんだろうな。
でも、まだ見ぬ自然を知ればきっと喜ぶにちがいないと思い、海へ山へ。
けれど、どこも人がいっぱい。
芝生が広がっていて自然が豊かで、それでいて誰もいないというような穴場はないんだろうかw
おいらも苦手だけれど、みーの恐がりようは尋常じゃない。
ドアを開けると警戒しながら、そろりと外の様子を伺う。
爽やかな風にのって潮の香りが漂うと少し興味をそそられる・・・。
おいらに急かせれて降りてみたのはいいものの、少し人が近づいて来るだけでやっぱり恐い。
すかさず車の下に潜り込む。
それを止めようとリードを引っ張ったら、首輪がすっぽ抜けてしまった。
あせった。
おいらが引っ張り出そうとすると今度は、車体の内側からタイヤにしがみついて離れない^^;

で、結局。2時間もしないで帰ってきてしまった。
こんなに恐がるとはな^^;



2007年5月3日(木)21:37 | トラックバック(0) | コメント(0) | みーちゃん | 管理


(1/3ページ)
>1< 2 3 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック